業界や仕事によっては女性が男性よりも稼いでいる場合もあります。

女性が活躍する業界や仕事のまとめ

MENU

女性が活躍する業界

女性が活躍して稼いでいる業界は、看護師薬剤師です。

 

この2つは新卒で年収が400万を超えるのも良くあることで、非常に稼いでいると言えます。
女性でも社会的信用が高くなります。

 

 

看護師

看護師

まず看護師ですが資格を取って病院に勤務すれば、年収400万は余裕で突破します。
さらに複数の看護師をマネジメントする管理者になれば、さらに収入は増えるでしょう。

 

しかし、看護師になるには様々な勉強が必要ですし、体力的にも精神的にもハードです。
基本的に看護師は立ちっぱなしで動きっぱなしなので足がパンパンになります。

 

人の命を預かる現場でもあるため、ミスが許されない状況も出て来るでしょう。
病室の担当になれば人の死に触れる機会が多くなるので精神的に苦しくもなります。
ですが、弱っている人の支えになる素敵な仕事であることには変わりありません。
多くの女性が活躍しているので目指してみるのも良いでしょう。

 

 

薬剤師

薬

次に薬剤師ですが、これも女性が多く活躍しています。
薬を調剤して作る仕事が一般的ですが、内服薬なのか耳鼻科なのかで仕事内容は異なります。
他にも企業の新薬開発やバイオテクノロジー関係でも薬剤師の需要があります。
年収も400万以上が相場ですし、企業の開発室では1000万クラスの年収も存在します。

 

 

 

 

上記以外ではキャバクラが稼いでいる業界でしょう。
ある程度の容姿と男性を惹きつけるトーク力があれば、月収数百万も可能となります。
しかし、指名を取るための蹴落とし合いや同伴などもあるので、簡単な仕事ではないでしょう。
ストレスの溜まり方は他の業界とは比べ物にならないため、浪費も激しいのが問題です。

 

看護師と薬剤師とは違い、確実に稼げる訳では無いので覚えておきましょう。

 

  • ウェディングプランナー
  • ネイル
  • ファッション関係

でも女性は活躍していますが、稼げる金額はやや低めです。
トップレベルの人は別ですが、一般的な人だと稼げる金額は300万前後となるでしょう。

 

女性が活躍している業界はたくさんありますが、活躍しているのは努力しているからです。
目指す場所がある女性は努力を怠らないようにして、夢を掴みましょう。