若い女性で性風俗に興味のある人はプロダクションやAV制作会社にコンタクトを取っています。

AV出演でも稼げる!?AV出演での副業について

MENU

副業としてのAV出演

 

最近、無理やりAVに出演させられたと社会問題になるニュースが飛び込んできました。
プロダクションや事務所が女性を騙して、AV出演をさせるケースは実は昔から存在していました。

 

ただ問題が表面化したものの以前ほどAV業界はグレーな部分というのは、薄まってきておりどちらかというとビジネスライク的なものになってきたのも事実です。
スカウトというよりは自分から応募する女性が増えてきて、女性の容姿や外見のレベルも以前と比べても驚くほど高くなってきました。

 

単体AV女優と呼ばれるもっとも出演単価の高い女性のギャラは1本のギャラは100万円~200万円にまでのぼります。
もっともこういったAVアイドルともいえる単体女優になれるほどの女性は、全体の一握りの人材でしかありません。

 

さまざまな出演の形

しかしAV女優には、単体女優、企画単体女優、企画女優、エキストラなどさまざまなヒエラルキーが存在しています。

 

悩む女性

AV出演で怖いのは親バレや身内バレ、周囲の友達にばれてしまうことです。
ただ顔出しをしないでモザイクありの出演は、エキストラといったもっともギャラの安い出演方法になってしまうため稼げる内容ではなくなってしまいます。

 

企画女優や大人数の乱交ものなど一度にたくさんの女優が出演する作品は、単価が10万円~20万円と単体女優の出演料と比べると安いですが、まだまだ短期間で稼げる魅力的な出演料であることは変わりありません。

 

副業感覚で月に2から3本出演するだけでも数十万円の収入になることから、若い女性で性風俗に興味のある人はプロダクションやAV制作会社にコンタクトを取っているといいます。

 

ただしカメラや人前でセックスや性的な行為をするという意味ではとても恥ずかしくハードな仕事であることは間違いありません。
またセックス(挿入行為)をしたくない場合は、フェラチオや手コキのみといった出演方法もあります。