日本は男女間の年収格差が大きいですが、海外を見ればアメリカでは縮小しつつあります。

男性と女性の年収の差について-職業によっては女性の方が収入があることも

MENU

男性と女性の年収の差

ところでお金に困る女性というのはいつの時代も多いものです。
そして通常の手段で稼げなくなった女性は、どうにかしてお金を作ろうとして性風俗水商売など自分の体を資本にして稼ごうとする考えに至るのも無理はありません。

 

性風俗やAV産業など女性の体を売り物にする世界では、恵まれた容姿を持つ女性はむしろ男性よりも収入が増えることもあります。
むしろ普通の男性では稼ぎだすことのできないほどの月収や年収に至るケースもあります。
性風俗で働くと人気のでる女性の場合は、月収100万円に至るケースもあり、女性の最後の収入の砦となっているのはむしろ性産業なのではないでしょうか?

 

ここでやはり女性と男性の年収の差というものに注目してみたいと思います。

 

実は男性の平均年収が500万円というのに対して、女性の平均年収は250万円~300万円程度だという調査結果があります。
この差はおよそ200万円以上ということで男女間の格差というのものは、非常に大きなものとなっています。

 

これは女性が男性よりも収入を得る可能性が低く、全体的に稼ぐ能力(もしくは環境)が劣っていることを意味しています。
そしてこの賃金格差は、1980年前後から現在までほとんど変わることなく推移しています。

 

お金と通帳

女性の社会進出が顕著になってきているといわれている現在でもそれだけの年収格差があるというのだから驚きです。
これでは女性がお金を必要として困っているときに、性風俗や性産業に走ってしまうのもわかる気がします。

 

また女性の場合は結婚後に男性と収入の差が顕著になってきてしまうというのも注意しておかなければなりません。
母子家庭で貧困に落ちいるケースなど女性は男性に比べて経済的に困窮しやすいといえるでしょう。

 

特に日本はこの男女間格差が大きく、海外を見ればアメリカではむしろ男女間格差は縮小しつつあります。