質屋はブランド品やジュエリーだけでなく、カメラや家電製品なども取り扱っています。

質屋で現金を手に入れる方法-質屋と買取り専門店の違い

MENU

質屋に物を売る

 

質屋にモノを売るとよくいいますが、正確には質屋にモノを預けてお金を借りるという表現が正しいでしょう。

 

質屋はなにかの物品を担保にとってお金を貸し付けて融資を行います。
期限までにお金を返済できないと物品を別の誰かに売り貸し付けたお金を回収することになります。

 

若い女性はバックや財布などのブランド品を好む傾向にあるので、お金に困ったときにこの質屋にそれらを持っていき融資を受けることでお金を受け取ります。

 

これが質屋と買取り専門店との違いです。「本当は売りたくないけれどどうしても今、お金がほしい。」「後で絶対に取り戻すので質屋に大切なものを預けたい。」という場合には、質屋を利用するのがいいでしょう。

 

バッグ

シャネルのバッグ、エルメスのコインケース、ルイ・ヴィトンの財布など他にもプラダ、バーキン、グッチなどさまざまな高級ブランド品が存在しています。

 

またブランドのバッグや財布だけでなく、ダイヤモンドなどの高級ジュエリーを持っていることも多く、数万円単位から数十万円単位の融資を受けたい場合、そしてそれを将来的には回収したい場合には質屋を利用するといいでしょう。

 

特に女性の場合は、自分で購入するだけでなく、男性からプレゼントされることも多く、キャバクラなどの水商売で働いているとお客さんからプレゼントされたり、モノを貢がれることも多いです。

 

そういったときに必ずしも自分に必要のないものが家にあって邪魔になってしまう状態がありますが、なるべく質屋や買取り専門店で売却してしまいたいものです。

 

また質屋はブランド品やジュエリーだけでなく、カメラや家電製品なども取り扱っています。
使わないものや自分の生活にあまり必要のないものは、なるべく早く現金に換えてしまった方が後の値落ちで損をする可能性が低くなるのでおすすめです。